生活習慣病に特化した予約制クリニック

肥満外来、生活習慣病に特化した完全予約制クリニック

オンライン予約

生活習慣病外来

生活習慣病とは?

生活習慣病とは食事や運動、飲酒、喫煙などの生活習慣により引き起こされる病気の総称です。

「高血圧症」「脂質異常症」「2型糖尿病」に代表され、さらに「肥満症」「慢性腎不全」「高尿酸血症/痛風」「メタボリックシンドローム」「脂肪肝」「アルコール性肝炎」「非アルコール性肝炎」「慢性閉塞性肺疾患」「肺がん」「大腸がん」「歯周病」などが 挙げられます。

現在日本の死因の大多数が生活習慣病に関連しており、医療費の高騰や健康寿命を短くする最大の要因となります。

症状がなくても放置してはいけない理由

さて、健診でコレステロールなどの数値を指摘された。そんな方、症状はないからといって放置していないでしょうか。

生活習慣病の代表的な疾患である高血圧症、糖尿病、脂質異常症、肥満症などは、早めに十分な管理を行わずにいると動脈硬化の進行により脳梗塞や心筋梗塞を発症させます。

病状が進行するまで自覚症状が出にくいため、健診などで指摘を受けても放置されることも多く、その間にも病状が悪化することから「サイレントキラー」と呼ばれています。

診療内容

生活習慣病の予防、改善のため、現在の状態を把握することが大切です。

①問診、inBodyを使用した体組成チェックを行います。必要に応じて採血や採尿を行い、合併症の疑いがあれば超音波検査や心電図検査を行います。

InBodyの結果の見方はこちらからご確認ください

②診察時には個々の生活背景を伺い、病状を踏まえた上で食事や運動について具体的なアドバイスを行います。

オンラインで診察の予約ができます

こちらのボタンから24時間オンラインで診察のご予約をしていただけます。

運動療法処方箋の発行について

当院併設のメディカルフィットネスは、厚生労働大臣認定を受けた指定運動療法施設です。この認可を受けた施設では、医師が運動療法を行うことが適当であると判断し、運動療法処方箋に基づいて運動した場合に施設利用料が所得税の医療費控除の対象となります。

当院での医療費控除を受ける手順

①当院を受診し、運動療法処方箋をもらう

②週1回以上のトレーニングを行う

③運動療法実施証明書と領収書をもらう

④確定申告を行う

PAGE TOP
PAGE TOP